古民家リフォーム(愛知県大口町M様邸)

古きよき時代の建物を継承する古民家リフォームのご紹介です。
「家族の絆をつないできた大切な家。」
愛知県大口町のM様邸です。

ご家族のみなさんが子供の頃から慣れ親しみ暮らした大切なお住まいを、これからもを受け継いでいきたいという思いから今回の改修工事が実現しました。

古民家リフォーム(愛知県大口町M様邸)・平面図

モダンな和の雰囲気を取り入れ、懐かしい居場所はそのままに。
お客様ご家族の想いをカタチにした古民家をご覧ください。

和の風格を保ち明るく生まれ変わった外観
古民家リフォーム(愛知県大口町M様邸)・外観玄関戸と窓も入れ替え、外装は左官(塗り壁)仕上げです。


玄関ホール
玄関ホール1

奥に見えるのは元からあった千本格子の内窓。
昔の面影を残すために再利用しました。
玄関ホール2

屋根裏部屋へ。
屋根裏部屋への階段

ダイナミックな黒い梁はそのまま残しました。
黒い梁が見える屋根裏部屋1

時間と記憶をとどめる部屋。

大人の隠れ家的な素敵な空間になりました。
黒い梁が見える屋根裏部屋2

和風モダンに仕上げたLDK
古民家リフォーム・内観

キッチンは奥様がこだわったフルフラット対面型システムキッチン(クリナップ)
古民家リフォーム・キッチン

リビングには大きな梁に支えられた思い出の踏み板天井が広がっています。
梁見せ天井のLDK和室との境には光を取り込むためガラスの格子戸を入れました。


縁側・廊下
古民家リフォーム・廊下

古民家リフォーム・縁側

レストルームとバスルーム
トイレとお風呂も明るくオシャレに生まれ変わりました。


こちらはM様邸全面改修工事の様子です。
内部の解体後、ベタ基礎を作り骨組(土台・柱)から補強を行いました。
窓周りも新しくするために取り外し(左)、間取り変更の所に壁を作ります(右)。

踏み天井の梁は昔の面影を感じられるように現し(見せる)にした設計です。

古民家といえば黒い柱に白漆喰の壁。
和室は柱を現しにして左官塗り壁で仕上げました。