diary

建築アルバムのような感じで日々のことを書いています。

diary一覧

工務店が大切にする人とのつながり、地域とのつながり

私たち工務店は地域の人とのつながりを持ち、そこからお仕事を頂いたり、ご紹介で成り立っています。
例えば、あるお客様のお仕事をして、そのお客様からご親戚の方だったり知り合いの方をご紹介して頂いたりといった人のつながりです。

そして、ホームページを見ていただいたお客様とのご縁もあります。
「地域に密着した工務店さんに工事をしてもらいたい。」とのことで、ホームページからご依頼を頂くことかありますが、本当にありがたいことだと思っています。

当社は受注を競ったり、年に何棟建てたとかそういうスタイルではありません。
そこを目指すと、営業する事ばかりを考えて目の前の仕事がおろそかになり、工事を進めているお客様に迷惑をかけることになります。

ひとつひとつの仕事を確実にやっていく。
キャパを超えた仕事を受けても混乱するだけですから。


今日は、揖斐郡大野町でリフォーム工事を施工させていただお客様のA様からお礼の品を頂きました。

「お大工さんに渡して下さい」と、当社の大工さんにも。


古民家(お蔵が数棟建っている大きなお屋敷です)にお住まいのA様とのお付き合いはもう何十年にもなり、最初のご縁は当社でリフォームさせていただいたお客様からのご紹介でした。

やっぱり、私たち工務店は地元の皆様に支えられているということを実感します。

A様、本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

2017年10月22日

山入り 2017年秋(ぎふの木)

今年も山の木の伐り旬(木を伐るのに最適な時期)を迎え、山ごもり。(ず~っと山ごもりをしているわけではないですが。仕事の合間に。)
岐阜の木の伐木です。

久建工業は、自社の山から木を伐り出してきて製材業も行っています。

伐木は木が成長を休める秋から冬に行うのが適しています。春から夏は木が水分や養分を吸収して成長を高める時期で、逆に秋から冬は木が水分や養分の吸収を抑える時期なので、この時に伐った木は自然乾燥がしやすく(早く乾燥します)、色もきれいで質の良い材木(建築材料)になります。

岐阜の木(伐り旬)

なお、当社の製材所では柱や梁といった構造材ではなく、内装に使用する無垢材(敷居、鴨居、窓枠、カウンターなど)をメインに製材しています。そして乾燥方法はすべて自然乾燥で行います。大きな構造材を自然乾燥で行うとなると何年もかかってしまいますが、内装材の規模(厚み)ですと数ヶ月で内部までしっかりと乾燥します。
自然乾燥で行った方が木の風合いを損なわず、木目や木肌、色艶は美しいですからね。

という訳で、山で伐木した原木を製材所に運びいれています。

岐阜の木(ヒノキ)
岐阜の木(杉)

今年も太くて立派な杉とヒノキを製材して、2018年度のお客様の家づくりに使用させていただきます。


こちらは材木倉庫に保管してある自然乾燥済みの無垢材です。
3M、4M(半分にすると一間・2M)と、木造住宅の規格寸法(尺モジュール)で取り揃えています。

岐阜の木で無垢材を生産(久建工業の製材所)

岐阜で無垢の木を使った家の新築、リフォームは材木屋生まれの工務店「久建工業」にご相談ください。

2017年10月21日

工務店としてうれしい仕事

この仕事(建築)をしていて嬉しいのが、新築やリフォームでお世話になったお客様からのご紹介だったり、再びお客様からお仕事のご依頼を頂くことです。
もちろん、新しいお客様との出会いも嬉しいですが、また違った嬉しさがあります。


こちらのお家は当社がリフォームでお世話になっている揖斐郡大野町のA様邸(古民家)です。

古民家のリフォーム

「お世話になっている。」と書いたのは、もう20年以上も前から定期的にリフォームやメンテナンス工事のご依頼をいただき、家守りとして当社が工事をさせていただいています。信頼の証として、本当にありがたい気持ちでいっぱいです。


今回もまたA様からご連絡を頂きまして、まもなくリフォーム工事に入らせていただきます。


揖斐郡大野町の古民家リフォーム

A様邸は、大きな本宅と離れがあり、お蔵も数棟建てっているお屋敷と言ってもいいくらいの大きなお古民家です。
たくさんの棟があり築年数も経過しているのでいろいろと直すところは出てきますが、歴史のある古民家はいつまでも残っていって欲しいですね。
私たちもこうした古民家の建築に携われることを誇りに思い、そしてこれからも日本らしい家づくりをしていきたいと思っています。

2017年09月22日

築37年の木造住宅(二階建て)・耐震リフォームの着工です。

今日から岐阜県関市で築37年の木造住宅耐震リフォーム(耐震補強工事)が始まりました。
昭和の旧耐震基準で建てられていて、現在の耐震基準に適合しない(耐震壁としての効力が無い)建物です。

まずは解体工事です。
11箇所の耐震壁(耐力壁)を作るために、壁、天井、床(下地まで)をめくります。

この解体工事が済んだあとは、既存の柱と新設柱を補強金物で上下横架材(土台、胴差や桁)に固定し、構造用耐力面材を内部から土台~胴差にかかるように張り付けて耐力壁としていきます。
そして、床、天井、壁を仕上げて内装を復旧。

「大きな地震の揺れに耐えるように建物を強くして、家の中も明るくきれいに。」
そんなリフォーム工事を行っていきます。

2017年09月05日

ぎふ里山の木の家 2017年夏

里山の木の家

里山の季節と自然を楽しむ木の家(岐阜県関市)は、毎年この季節になると、たくさんの人が遊びに来てくれてにぎやかになります。
バーベキューハウスもあり、お庭でスイカ割りなんかも楽しめます。


今日は岐阜市からお客様ファミリーが自然を満喫しに泊りに来てくれています。


木の家のすぐ目の前は板取川。
お客様のお子さんたちと一緒に、うちの子供たちも川遊びをしました。


清流板取川にはたくさんの魚がいて、今日は大きなカジカをつかまえました。


夏の川遊びは最高ですね。


そして、夜はみんなで花火を楽しんでいます。


今年の夏もたくさんの思い出をつくります。

2017年08月05日
» 続きを読む