diary(日々のこと)

2013年より始めたdiaryです。
建築アルバムのような感じで、日々のことや家づくりについて思ったことを書いています。

diary一覧

今日は建て方、と製材所と家の中をまるごとリフォーム

山菜加工場の建て方(木造)


岐阜で木造建築を手がける工務店「久建工業」です。

風は冷たかったけど今日は朝からとても良い天気で建て方(建前)日和。
地元関市で山菜を加工する工場の棟上げを行いました。
木造(在来工法)の平屋建てです。
(私たちは住宅建築だけでなく、今回のような工場の建築や町の建物の工事も行っています。)

平屋ということで建て方作業は順調に進み、建て起こし(下げ降りという道具を使って建物全体の柱を垂直にします。)を見てモヤを入れたところで昼前から現場で待機していた板金屋さんが屋根の作業を始めます。

夕方には屋根のルーフデッキを伏せることが出来ました。

木造平屋建ての山菜加工場(建前の日)


建物は柱脚(土台と柱)と柱頭(桁、妻梁と柱)に接合金物(プレート)を取り付け、大工さんは間柱と本筋交い(2倍筋かい金物リベロⅡで固定)を入れてマグサと窓台(アルミサッシを固定する部材)の施工まで進みました。

まぐさ、窓台



お昼の写真です。
建て方の途中で製材所(自社)まで材料を取りに行くと、丸太の上で日向ぼっこをしていました。

久建工業の製材所


製材所は原木を帯鋸(オビノコ)という大きな鋸(ノコギリ)で建築材料(材木)にする加工するところです。
久建工業の製材所では岐阜の杉とヒノキを製材して家の内装に使用する無垢材や造作材(柱や梁など構造材以外の材料。)を生産しています。

岐阜の木(久建工業の製材所)


現在、基礎工事を行っている水と緑の街に建てる家(IK様邸・注文住宅)の新築工事も始まり、屋根の破風(ハフ)など大工さんが加工するための材料を準備しています。

材木倉庫(久建工業の製材所)


製材所があると、例えば木造住宅のリフォーム工事を行う場合にはその家に使われている木の寸法に合わせて材料を加工することになるのですが(現場合せと言います。)、そうした時に臨機応変に対応できることも当社の強みでもあります。
現代の家づくりとは寸法が違う古民家のリフォームを行う場合には特に有利です。


こちらは「外壁と家の中をまるごとリフォーム」の岐阜県関市MK様邸です。

家の中まるごとリフォーム(岐阜県関市MK様邸)


先日10日に床養生(保護シートと養生ボード)をめくりました。

梁見せ天井のリビングが和モダンな雰囲気でとても感じよく仕上がっています。

梁見せ天井のリビング(関市MK様邸リフォーム)


MK様邸リフォームは明日、専門の掃除屋さんがクリーニングを行い来週初めに窓の網戸を入れてすべての工事が完了します。

2018年04月13日

平屋の家リフォーム(関市MK様邸)は仕上げの工事を行っています。

地元の神社の春まつり

今日は地元の神社で春まつりがあり(春と秋の年2回行われます。)、うちの長男(新学期から小5)が境内で奉納踊りを披露しました。
長男は二年生の春から踊りを披露していますが、家とはまた違った子供の一面を見るのも毎回楽しみにしています。
少し緊張しながらもうまく踊れていました。


本題のリフォーム現場の様子です。
黒ガルバの外壁を張った平屋の家リフォーム(岐阜県関市MK様邸・外壁と家の中をまるごとリフォーム)は昨日から仕上げの工事を行っています。

黒ガルバの外壁(平屋の家リフォーム)

左官さんによる玄関ポーチのタイル張りも完了しました。

私たちスタッフは内装システム建具(トイレドアとクローゼット扉×2個所)の取付けと玄関収納(下駄箱)を組み立てて取り付けを行いました。
※リビングの引き分け戸(両引き戸)、寝室の片引き戸(一本引き戸)、洗面脱衣室のドアは建具屋さんの製作です。

建具の取り付け(平屋の家リフォーム)


住設機器の工事です。
吊戸棚付のシステムキッチンはクリナップのラクエラ(らく楽IH)
(扉カラー)リリーフォークミディアム
(シンク)ステンレスシンク

クリナップのシステムキッチン(平屋の家リフォーム)


システムバス
クリナップのユアシス

クリナップのシステムバス(平屋の家リフォーム)


※システムキッチン及びシステムバスの組立て施工(現場施工)はメーカー(クリナップ)の専門業者さんが行います。

洗面ユニット(洗面化粧台)
クリナップのファンシオ

クリナップの洗面ユニット(平屋の家リフォーム)


トイレ
TOTO 一体形便器HV

TOTOトイレ(平屋の家リフォーム)


トイレの正面奥には吹き出し壁を利用してカウンターを作りました。

トイレのカウンター(平屋の家リフォーム)


こちらは以前からあった梁見せ天井と大きな差鴨居をそのまま活かした(現しにした)リビングです。
木の見える空間に合うようにクロス(壁紙)は塗り壁の漆喰調クロスで仕上げてあります。

漆喰調のクロス(平屋の家リフォーム)

全てを変えてしまうのではなく、このように以前の面影を残すリフォームも素敵ですね。
新しくなったお部屋でもご家族の思い出はいつまでも残ると思います。

関市のMK様邸・外壁と家の中をまるごとリフォームは今月の中頃に完成予定です。

2018年04月05日

水と緑の街に建てる家・地鎮祭~地盤改良工事(エコジオ工法)~基礎工事の着工

岐阜で新築(注文住宅)、リフォームを手がける工務店「久建工業」です。

現在、山県市で工場(鉄骨造)の増設工事、関市で住宅リフォームを行っていますが、暖かくなってきた春は新築工事が続きます。

こちらは現在、基礎工事中(コンクリート養生中)の関市の現場です。
平屋建ての山菜を加工する工場を木造在来工法で建てさせていただきます。

基礎工事(山菜工場の新築工事)


また、同じく関市では平屋の家(NK様邸)注文住宅新築工事のご契約を頂きました。
NK様邸は建て替えのため、まずは既存宅の解体工事や仮設の工事を行いますので本格的な建物の建築工事はもう少し先になります。


そして、水と緑の街に建てる家(IK様邸・注文住宅新築工事)は3月17日(友引)に地鎮祭を執り行いました。
神主さんのもと、この地に家を建てることをお願いするとともにご家族の幸せと工事の安全を祈念します。

地鎮祭(水と緑の街に建てる家)


3月20日
地盤調査を行いました。

地盤調査の結果(解析)は「地盤補強が必要」との判定でしたので、エコジオ工法(砕石工法)で地盤改良工事を行いました。

地盤改良工事(水と緑の街に建てる家)


4月4日
丁張りかけ(建物の基準を出すもの。 )を行い、これから基礎工事(鉄筋コンクリートベタ基礎)が始まります。


久建工業ではこのように各現場の新築工事が進んでいきます。

2018年04月04日

外壁は黒のガルバリウム鋼鈑(平屋の家リフォーム)

岐阜で木造住宅のリフォームが得意な工務店「久建工業」です。

「平屋の和風住宅をモダンでおしゃれな雰囲気に変える。」
ただいまリフォーム工事を行っている岐阜県関市のMK様邸では、透湿防水シートの上に胴縁(ドウブチ)下地を施工したあと、黒のガルバリウム鋼鈑が張られた状態です。
昨日、今日と板金屋さんが正面(玄関と掃き出し窓のある面)と北面妻側の壁を仕上げてくれました。
黒でも半艶の黒なので落ち着いた雰囲気が出ています。また、ステンカラーの窓が外壁の黒との対比効果で引き立ち、カッコいい外観になったと思います。

黒のガルバリウム鋼鈑(外壁)



家の中へ。
先日、大工さんの工事が完了しました。

平屋の家リフォーム・ダイニングキッチン(岐阜県関市MK様邸)


キッチンはお客様の希望で壁付けのシステムキッチン(来週中頃に組み立て施工の予定)に対してL型にダイニングカウンターを作りました。

平屋の家リフォーム・ダイニングカウンター(岐阜県関市MK様邸)


リビングの天井は以前の梁見せ天井をそのまま活かした設計です。

平屋の家リフォーム・リビング(岐阜県関市MK様邸)


寝室です。
造作の出窓は窓だけ新しく替えてそのまま残しました。
奥行がある出窓なのでカウンターとしても利用できますね。
また、出窓は窓台に物を置いたり出来るだけでなく部屋が広く感じられるメリットがあります。

平屋の家リフォーム・寝室(岐阜県関市MK様邸)


こちらは広縁(縁側)。
日向ぼっこをしたり、お子さんの遊び場になったり、小さな机を置いて勉強する場所になったり。
我が家にも広縁があるのですが子供たちはそんな使い方をしています。

平屋の家リフォーム・広縁(岐阜県関市MK様邸)


トイレの横幅は1200でゆったり。
正面には以前あった吹き出しの壁を利用して棚を作りました。

平屋の家リフォーム・横幅の広いトイレ(岐阜県関市MK様邸)



こちらのMK様邸リフォームは来週からシステムキッチンを取り付けて内装(壁、天井)をクロス(壁紙)で仕上げていきますが、こうして見ているとやっぱり平屋の家は良いですね。
平屋の家は2階建ての家と比べて無駄なスペース(階段、2階のホールや廊下)を作らずにすむので平面を有効に使うことができ、奥様にとっても家事動線のよい間取りを作ることが出来ると思います。
また、縁側を残したことで家の中をぐるっと回遊することができ、とても暮らしやすい間取りになると思います。

今後の工事は家の中の仕上げ工事と玄関&ポーチのタイル張りを行い、4月にはリフォームの完成お引き渡しの予定です。

2018年03月23日

様々な建物(町の建物、町の施設)のリフォーム

岐阜でリフォームに力を入れている工務店「久建工業」です。
日中はポカポカとあたたかい陽気から一変して昨日から冬の寒さに逆戻りですね。
春仕様の服に替えたばかりなのにまた冬服を引っ張り出しました。
こういう時に風邪をひいてしまうので気を付けよう・・・。

私たちは一般のお客様からご依頼を頂く住宅のリフォームから、公民館や学校といった町の人たちが利用する建物(施設)の工事まで様々なリフォームを手がけています。

今日は町や市からの依頼(発注)で行うリフォームの施工例をご紹介します。
先日完成した工事です。

屋外倉庫の屋根の復旧工事。

町の建物のリフォーム(屋外倉庫の工事)


施設を囲むフェンスの復旧工事。

町の建物のリフォーム(フェンス工事)


施設内部(室内)の改修工事。

町の建物のリフォーム(施設内部の工事)


車庫(ガレージ)シャッターの復旧工事。

町の建物のリフォーム(車庫シャッターの工事)


住まいと同じように、町の人が安心・安全にご利用していただくために私たちは公共建物のリフォームも行っています。
外壁や屋根の塗り替え及び張り替えや葺き替え工事、建物内部(屋内)の改修工事など。
古くなって(経年劣化で)傷んだ部分を修繕する、また、建物をずっと維持していくためにメンテナンス工事を行うというのは住宅も町の建物も同じです。

現在、この他にも公民館(集会場)の修繕工事を行っていますが、当社では毎年何件かの公共建物の施工依頼をいただきます。

住宅のリフォームと共に、町の人から喜んでもらえる仕事。
私たちは地域の皆様からいつでも頼られる身近な存在でありたいと思っています。

岐阜でリフォーム会社(工務店)をお探しの方は久建工業にご相談ください。
施工地域は岐阜市、中濃エリア(関市、美濃市)、郡上市など当社から車で1時間圏内です。

2018年03月22日
» 続きを読む