diary(日々の記録)

2013年より始めたdiaryです。
建築アルバムのような感じで、日々のことや家づくりについて思ったことを書いています。

diary一覧

家づくりは優勢順位を決めておくことが大切です。

家を建てるというのは簡単なことではないですね。
思いついたように「よし、来年家を建てようか。」という訳にはいきません。
家を建てるには土地が必要ですし、家を建てたあとも家具を買ったりお庭の工事をしたりたくさんのお金が必要になります。

また、誰でも理想の家にこだわりたくなります。

こんなことを言うと夢がないなあと思われるかもしれませんが、希望する予算と自分たちの理想の家が最初からピッタリと合うことはまず難しいのが現実です。

ほとんどの方は、設計図の見直しをしたり仕様を変更したりすることになると思います。

これを予算調整と言います。

設計図の見直しは、延べ床面積を減らして家を小さくしてみる。または、間取りを簡素(オープンな間取り)にしてみる。

仕様の見直しは、建材(内装、外装)や住設機器(キッチン、バス)のグレードを再考する。

この時にどうするか(予算調整のために)を決断するために、最初に家づくりでやりたいことの優先順位を決めておくことが大切だと思います。

コストダウンのために「さあどうしよう。」ということを急に考えるより、最初に決めておくとより早く決断ができますし諦めることに対するダメージも少ないと思います。

例えば、濡れ縁も欲しいけど予算足りない・・・。という場合は、濡れ縁ならあとから作れます。

家の中の壁や外壁を塗り壁にしたいけど・・・、という場合は「あとからやろう。」というのは無理なので優先順位が必要になります。

私たちはお客様が予算内で素敵な家が出来るように最大限のお手伝いをさせていただきますが、ご家族(ご夫婦)で話し合って優先順位を決めてください。

諦めること(我慢すること)があっても、気持ちよく家づくりができるように。

2018年01月23日

近江の冨江家(お正月の話)と地元で建てたヒノキ造りの手水舎

2018年
新年おめでとうございます。

昨年は大晦日まで仕事をして、お正月の1日、2日は家でおせちやお餅を食べてゆっくり。
食べて寝てばかりでは体がなまってしまうので、3日は家族で琵琶湖の畔にある滋賀県立琵琶湖博物館(滋賀県草津市)に行ってきました。
彦根から湖岸道路を通って琵琶湖の景色を楽しみながらの日帰り旅です。

琵琶湖に棲む淡水魚の水族館も楽しめるとてもスケールの大きな博物館です。
ビワコオオナマズや小鮎の群れ、渓流の魚が迎えてくれます。




そして私が楽しみにしていた家。
この博物館の中にある冨江家は、昭和30年代の近江の人の暮らしがわかる移築された本物の民家です。

近江の民家


私が生まれ育った家(家を建て替える二十歳くらいまで過ごしました。)とそっくりで懐かしさを感じます。
古いものが好きなのも、一番楽しかった時間をこんな家で暮らしてきたからでしょうか。今でもあの頃を過ごした家のことを思い出します。

近江の民家(冨江家)


時間が作りだした古民家は素朴で飾り気のない本物の美しさがありますね。
私が家を持つとしたら、こんな古民家で子供たちと暮らしてみたい気持ちがあります。

近江の民家(昭和30年代の居間)


ずーっとここに居たいと思えるそんな場所です。




そして6日
こちらは地元の手水舎(ヒノキ造り)です。
昨年(12月)末に大工さんの手刻みで建てさせていただきました。
(久建工業では建物本体と屋根の工事を担当させてもらいました。これから石屋さんが石畳の工事を行います。)

ヒノキで建てた手水舎


今年も私たちは岐阜の皆様から必要とされる頼れる工務店として家づくりに取り組んでいきたいと思っています。

2018年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年01月06日

リフォームで私たち地元の工務店が選ばれる理由

お蔵を住居(部屋)にリフォーム


今年の年末(11月、12月)はリフォームの着工、そしてこれから計画をされるリフォームの相談や設計、お見積りのご依頼を例年にないほどたくさん頂いています。

岐阜で久建工業がリフォームの施工店として選ばれるのは、木の加工技術に優れた大工さんがいること。そして、材木屋から生まれた木造専門の建築会社ということで確かな木を使うことが一番の理由だと思っています。
特に古民家のような日本建築(伝統建築)のリフォームをご依頼頂くお客様からは「どんな木を使うかわからないリフォーム会社に頼むより、ちゃんとした木を使って丁寧な仕事をしてくれる工務店さんに頼みたいんです。」とおっしゃって頂くことがあります。

当社では、建物の一番の要となる土台や柱に日本のヒノキを使うことが基本です。
新築の家を建てる時と同じように、硬くて(丈夫で)耐久性のある(長持ちする)ヒノキを使ってリフォームを行う。
私たちは、接着剤で強度を構成している外材の集成材というのはどんな工事にも用いません。それは、接着剤の寿命、そして使われている木(材質)の耐久性に確信が持てないからです。

当たり前のことかもしれませんが、現在は様々なスタイルの建築会社が存在し、当たり前のことが当たり前ではなくなってきている部分もあると思います。
古民家や和風建築のリフォームに外材の集成材を使う・・・、やっぱりしっくりきませんね。
また、価格の面でもまったく差がないのでわざわざ外材の集成材を使う理由がありません。(近年は乱伐による減少で輸入材の方が高いと言われています。)
そして、親身になってお客様の大切な家の工事をさせていただく。
木造建築の専門家である私たちだからこそ、安心してリフォームを任せていただけるのだと思っています。

私たち地元工務店の良さは、
・利益ばかりを追求しない。
・1回に付き何十万という高額な宣伝広告費や営業マンの報酬などを工事代金に上乗せされない。
・職人さんの技術が高く、木のことに精通している。
・柱と梁で構成された木造建築のこと(構造)をよくわかっている。
・地域密着で親身になってリフォームの相談に乗り、しっかりと工事をしてくれる。
こういったところでしょうか。
口下手で営業下手かもしれませんが、余分な営業経費を抑えてお客様の家の工事を行いたいと考えているのです。

久建工業は岐阜の皆様から頼れる存在として、2018年もますますリフォームに力を入れていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

住まいのお困り事や、こんな家にリフォームがしたいというご計画がございましたら、当社までお気軽にご相談ください。

2017年12月25日

大工さんの手刻み加工、そして年の瀬のリフォーム着工

ヒノキの構造材(岐阜の木)


久建工業の作業場(私たちは大工小屋と呼んでいます。)では、大工さんが材木に墨付けをして手刻み加工を行っています。
(手刻み加工とは、かなづちやノミ、カンナ、手鋸、丸鋸、ホゾ穴を掘る機械などを使って材木を加工していくことを言います。手刻みと聞くと、かなづちと手鋸やノミを使ってひたすら手で加工するように思われるかもしれませんが、機械工具も使用します。)

すべて岐阜のヒノキ(柱や梁の構造材、屋根材も)を使った建物です。
今月中に地元で手水舎を建てさせて頂きます。

大工さんの手刻み加工




そして、今日から関市のNF様邸でリフォーム工事が始まりました。(完成予定は年をまたいで2018年)
ダイニングキッチン、お母さんの寝室、浴室(システムバス)、洗面脱衣室、トイレを新しくして、床のバリアフリー(段差解消)工事も行います。

リフォームの間取り図(関市NF様邸)

こちらのNF様邸は、現在は嫁がれている娘さんが「実家のお母さんが暮らしやすい家にして下さい。」と、ご依頼頂いたリフォームです。
しっかりとやらせていただきます。

まずは家の中の荷物を片付けて、解体工事です。
壁、天井、床をめくり(大引き土台まで)、窓も新しくするので既設の古い窓を取り外していきます。

リフォーム着工(関市NF様邸)


今日は私たち久建のスタッフ3人と大工さんの4人で作業を行い、解体工事はあと一日で完了する予定です。

リフォームの解体工事(関市NF様邸)


解体工事のあとは水道屋さんが配管(給排水)工事を行い、そして土間(土なので)の防湿コンクリートを打ってから大工さんが造作工事を進めていきます。

お母さんが暮らしやすく、設備を新しくして快適な家になるように。


現在、久建工業では稲沢市と武芸川でもリフォーム工事が進んでいますが、こうして忙しい日々を過ごさせて頂けるのはお客様のおかけです。
これからも一つ一つ良い仕事をして、みなさまの信頼を得ていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

2017年12月11日

私たちは家をつくる会社(工務店)です

まずは、昨日仮設足場を撤去してすべての施工が完了した金属屋根(板金屋根)の塗り替え工事のご紹介です。
(表面が古くなった屋根をこれからも長持ちさせるために行うリフォームです。)

さび止め塗装(金属屋根の塗り替え工事)

屋根と破風(ハフ)、鼻カクシを高圧洗浄とケレンで塗料の付着をよくするため(汚れやサビを落として塗料の密着度を高める)の作業を行い、さび止め塗料(1液ハイポンファインデクロ)を塗ります。


次はシリコン系樹脂塗料(シリコンルーフⅡ)を2回工程で塗ります。

1回目の塗装。


平面はローラー、狭いところ(隙間など)には刷毛を使います。

そして、シリコン系樹脂塗料の2回目の塗装を行い金属屋根の塗り替え工事が完了です。

シリコン系樹脂塗料(金属屋根の塗り替え工事)

こうした金属屋根の塗り替え工事は、さび止め塗装を含めて3回(3層)塗りで仕上げるのが基本です。
(また、各工程ごとに塗装した表面を乾かす時間が必要なため、同日での施工は行いません。)



そして、一昨日は稲沢市でリフォームの現場が始まり、今日からは地元関市で手水舎(てみずや・てみずしゃ)の新築工事と、すぎのこキャンプ場バンガロー村さんでバンガロー10棟分の床の張り替え工事を着工しました。また、来週からは武芸川でもリフォームの現場が始まり忙しくなります。


こちらは手水舎の骨組となるヒノキの構造材(岐阜の木)です。

ヒノキの構造材(岐阜の木)

大工さんの手刻み加工で建てます。


今日から12月。

毎年この時期になると同じようなことを言っていますが、1年は本当にあっという間ですね。

10月、11月は岐阜市北一色でA様邸のリフォームと関市でNF様邸のリフォームが完成しましたが、今年は岐阜市、関市でたくさんのリフォームを施工させていただきました。

私たちは、営業会社ではなく、現場主義の工務店です。

もちろん、新築やリフォームのご依頼があって、設計や見積りをするための営業を行わなくてはお仕事を頂けませんので営業の活動はしますが、私たちが重きを置くのは当社に工事のご依頼を頂いたお客様の仕事(現場)です。

なので、競合見積りや見積り入札というのは行いません。というか、出来ません。

現場に手が回らないようなことは、お客様に迷惑をかけることになりますから。

今年の残り1ヶ月は、現在進行中の現場の仕事、来年から着工が決まっている工事の準備、そして、これからの家づくりのご相談を頂いているお客様と計画を進めながら過ごしていきます。

2017年12月01日
» 続きを読む