古民家リフォーム(岐阜高富H様邸)

黒い木と白漆喰のコントラストが魅力のレトロな和の空間リフォーム。
「譲り受けた実家の古民家を、自分たち家族の暮らしに合わせてリフォームしたい。」

古民家をより古民家らしく、そしてかっこよくお洒落に。
若いご夫婦と小さなお子さんの4人家族が暮らす岐阜高富のH様邸・古民家リフォームのご紹介です。
昔の面影(古民家)を残しながら、ちょっとおしゃれな和の雰囲気を加えることで、ご家族が懐かしい雰囲気を感じて暮らしを楽しむリフォームを行いました。

古民家のリフォーム(岐阜高富H様邸)
黒い梁や踏み天井を現し、昔の建具を再利用した空間は落ち着きと味わいが感じられます。


居間からワンフロアーで続くダイニングキッチン
昔の和の家らしい開放的な空間が広がっています。
心地よい自然素材の空間(古民家のリフォーム)
キッチンカウンターの下には雑誌や新聞を入れる収納ニッチがあります。


玄関ホールからの入り口に新調した格子戸。
おしゃれなカフェのような雰囲気が出ています。
カフェのような雰囲気の空間

壁は黒い木に一番合う白漆喰仕上げ。
白漆喰の壁

以前からあった古建具も再利用しています。
昔の建具を使ったリフォーム

囲炉裏のある居間
囲炉裏のある居間
無垢の床はお施主様ご夫婦が自然塗料(古材色)を塗られました。


ダイニング横の多目的スペース
パソコンデスクを置いたり、お子さんの勉強スペースにも利用できると思います。
多目的スペース

裏玄関への通路(廊下)
横幅6尺(1820)と3尺(910)の収納を設け、こちらも昔の戸を再利用しています。
裏玄関への廊下(古民家のリフォーム)


ご夫婦の寝室や子供部屋がある二階は明るい雰囲気に。

木そのものの色で仕上げた床と天井、壁を漆喰で仕上げた自然素材の心地よい空間です。
梁が見える自然素材の部屋
一階と同じように梁を現し、勾配天井(斜め天井)の広々とした部屋になっています。
(梁の色は一階の黒と違って、二階は焦げ茶色です。)


書斎や納戸として使われるこちらの小さな部屋は、奥様が漆喰を塗られました。
書斎や納戸として使う小さな部屋

お子さんたちものびのびと。
無垢の木、自然素材で作られた部屋は気持ちがいいですね。
心地よい無垢の床(フローリング)

昔の思い出と面影を残しつつ、H様ご夫婦の想いをカタチにしました。


【岐阜高富H様邸のリフォームした場所と主な仕様】

1階
・土間玄関
・ホール、廊下
・居間(ダイニング兼)
・囲炉裏の間
・キッチン(対面式)
・お子さんの勉強部屋、多目的の部屋(6帖)
・収納
・勝手口
・和室(8畳)×2部屋
・浴室(システムバス)
・洗面脱衣室
・外物置として使用する架け屋根(テラス)

2階
・夫婦寝室
・子供部屋×2部屋
・ホール兼ユーティリティ(家事室)
・納戸

内装仕上げ
床:無垢のフローリング
壁:漆喰(しっくい)塗り、無垢の板張り
天井:無垢の板張り(梁見せ踏み板天井、勾配天井)


・YKK AP アルミサッシ(複層ガラス)
・2階にエコ内窓 プラマードU

ドア
・古建具(再利用)
・造作建具