家づくりの取り組みと木の話

ご家族が心地よく暮らせる住まいをつくる。

はじめに。

「自然と人の暮らしがつながる住宅設計。」

当社の考える理想の住まいは、自然の風やあたたかい光を上手く取り入れる工夫をし、時と共に味わいの増す無垢や自然素材をふんだんに使った住まう人の心が豊かになるマイホームです。
いつも触(ふ)れる室内の素材と共に、自然と調和した暮らしの良さも大切に考えていきたいと思います。

おしゃれな木の家(リビング)

高気密・高断熱。
気流を止めて冷気や壁内結露を防ぎ、断熱性能を上げて冷暖房の負荷を小さくするのは当たり前ですね。
さらに突き詰めると、熱(暑さ)や冷気(寒さ)は窓からの出入りが大きいという事で窓を小さくする、又は遮熱ガラスや断熱ガラスを用いる。そして換気システムで室内環境を機械的にコントロールする。しかし、そのことばかりを追求しすぎるとどこか窮屈な家になるような気がしませんか?どちらかというと外(自然)の環境から閉じられた家より、ここちよい光や風が自然と入る家。そんな家(暮らし)をご提案していきたいと思っています。けして、外の環境を無視して暑い家や寒い家をつくるというわけではありません。この場所にこの部屋を持ってきてこんな大きい窓を付けたら直射日光で暑いだろうな、こういう間取り配置だと自然の風が抜けにくいな、というのはしっかりと考えます。この土地だったら、ここに家族が集まるリビングを持ってきて庇屋根やバルコニーで直射日光を抑えれば明るくて気持ちのいい空間ができる。私たちはそんな風に住まいの設計をしたいと思っています。


材木屋生まれの工務店・久建工業は木にこだわります。

「久建工業の考える日本の自然環境に合った家づくり。」
適材適所という言葉があるように昔から日本の家づくりでは強くて耐久性の高い檜や栗が使われてきました。
同じ日本の四季で育った木だからこそ建ててからも自然となじみ生き続けるといえます。現在、日本の住宅の木材使用率は80%を外国産木材が占めているそうです。しかし乾燥した外国の気候で育った木を多用した家づくりは日本の気候(多雨多湿)には合わないと言われています。久建工業では耐震性と共に耐久性も重視し、国産材を有効に使った家づくりにこだわります。

「日本のヒノキや杉を豊富に使った家」
・硬くて水湿やシロアリに強く耐久性(耐朽性)の高いヒノキは柱や土台に最適です。 ヒノキの優れた耐久性は世界遺産である奈良の法隆寺が証明しています。
・杉は構造材から内装材まで幅広い建築材に使用され、赤身(木の中心)部分は檜のような耐久性があります。
木の家は呼吸をする、と言われていますが、実際に無垢の木には自然の調湿作用があり湿気やカビの発生を抑えて快適な室内環境を保つ効果があります。

なお、価格の面で国産材と外国産の木を比較すると、今では近年の乱伐で年々減少している外国産の木より国産材の方が安くなってきています。日本の気候風土に合った長持ちする家を建てるために土台や柱など主要構造部には国産の木を使いたいですね。

「本物の木の住まいを適正・お値打ち価格でおつくりします。」
一般に無垢の木は「高価」だと思われがちですが、高いのは和室等に使う「節のない高級材」であって、柱や横架材(桁や梁)に使われる「適度に節のある材木」は強度は変わらず良質でお値打ちな価格です。当社は材木屋生まれの工務店としての強みを活かし、木の材種・等級を適材適所に用い、建築コストを抑えた質の高い木造住宅をおつくりいたします。

「子育て世代の20代から30代のご家族にも手の届く価格で木の家を。」
かわいいお子さんにも優しい木の家で育って欲しいと思っています。

当社はお客様のご予算に合わせた設計で家づくりを行うことが可能です。
ご家族のみなさんが暮らしてみたいマイホームの想いをお聞かせください。


あたたかく、心が豊かになるムクの家

最後になりますが、久建工業は「あたたかく ここちよく やさしい」住まいづくりを目指しています。
無垢の家の良さは、あたたかみのある素材感はもちろん、年月と共に味わいが増し愛着の持てる家になる事。たとえ部屋の一部分にでも木や自然素材を使用することによって、ほっと落ち着く居住空間になると思います。わたしたちはそんな居心地のよい住まいをご提案していきたいと考えておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。