家を建てる費用について

家を建てる費用と坪単価についてご説明いたします。

まず、みなさんが家づくりを考えるきっかけというのは、お子さんの成長だったり、家族(子供)が増えてアパート暮らしが手狭になってしまって…、といった生活環境の変化がきっかけだったり、友人家族が建てたマイホームを見て自分たちも新しい家が欲しくなった、あるいはある時見たオシャレでカッコいい家に一目惚れして自分たちも同じような雰囲気の家が欲しいと思うようになった、というように様々なきっかけがあると思います。
そうして家を建てようとしているみなさんが次に考えることは、どんな住宅会社に家づくりを頼もうかという事と「家を建てるにはいくらかかるのか?」ということが重要な要素になってくると思います。

いったい家を建てるにはいくらかかるのか?結論から言うと、例えば40坪の家を2000万円で建てることも可能ですし、2500万円で建てることもできるわけです。これはどういう事かと言いうと、40坪という箱の中にたくさん物を詰めれば(部屋数の多さ)当然費用は上がりますし、高価な物を詰めれば同じく費用は上がります。建築材料に限らずどんなものでも安価なもの、高価なものがありますからね。そして、平屋で建てるのか、二階建てで建てるのか。家の形やデザインも価格に影響してきます。また、土地によっては上下水道を道路から敷地内に引き込まなくてはいけなかったり(これがけっこうかかります。)、地盤の改良が必要だったりと、家づくりには様々な要素が関わってきます。このように土地の条件によっても家を建てる費用は変わってきますので、しっかり整備された土地を探すという事も大切です。

よい家を安く建てる事はできます。

ここでいう、「安く」というのはイコール安物の家、という事ではありません。確かに安い材料を使って、工事の手間を省けばローコストで家を建てることが可能です。しかし、それでは長い目で見た安心の家づくりができるかというと疑問です。予算の都合上、必要なものを削るのではなく、ムダを省く、過剰なものを控えるという事も大切です。

それでは、良い家をコスト(費用)を抑えてお値打ちに建てる工夫をお話します。

まず最初に建築価格を上げてしまう家について。

①【部屋数がたくさんある家。または、小さな収納がたくさんある家、廊下のある家。】
部屋数や収納が多いという事は、壁が増える事とそれぞれにドアや扉が必要になり、材料費とそれに伴う工事費が上がります。たとえ短い壁でも柱は要りますし、仕上げの壁紙も貼らなくてはなりません。また、扉一つといっても扉だけでなく固定する枠材などいろんな部材が必要になってきます。

②【建物の形が凸凹している外観の家。】
たしかにカッコいいのですが・・・。こういう家は構造材及び外壁や屋根の部材が増えて結果的に工事費が上がります。

③【総二階建ての家、一階屋根のある二階建ての家、平屋の家の中で一番費用を抑えられるのは。】
家の大きさ(坪数)が同じという条件で考えると、この中で一番コストがかからないのは真四角の総二階建ての家です。総二階の家は基礎や屋根の面積を共有できる分、費用をぐっと抑えられます。逆に一番お金がかかるのが、一階屋根(下屋とも言います)の入り組んだ二階建ての家かもしれません。いわゆる本屋普請と呼ばれる和風住宅のような形状ですが、見た目で分かるように、ぐるっと一階の屋根が回り込んだ形の建物は材料費と共に施工手間がかかり工事費が増します。
次に平屋の家はどうかと言いますと、例えば総二階建ての家と比べた場合、基礎面積が倍、屋根面積も倍になります。屋根といっても瓦だけでなくその下の木造部分も関連してきますので、必然的に費用はかかります。ただ、平屋の家は建物面積(延床面積)を30坪前後に抑えてシンプルな間取りと形で設計を行えば建築費用を抑えることは可能ですので、基礎や屋根の増える分を補うことは出来ます。あと、平屋の家の良い面は階段や二階のホールなどが要らない分、平面を有効に使えるため間取りに無駄な部分が出来ません。平屋住宅が人気があるのもこのあたりにあると思います。
四角い箱のような総二階の家はちょっとあっさりしていて・・・、という意見もありますが、価格の面やメンテナンスのし易さという面で考えてみてもたくさんのメリットはあります。

④【住宅設備機器】
奥様がマイホームで楽しみにしているのがシステムキッチンやバスルーム。デザインやカラーも豊富で、これがまた50万円位の商品から100万円近い商品まで価格は様々です。グレードの高い高価なものを選べばより使いやすく快適になるか?といえば私は疑問です。今の商品はお値打ちなものでもデザインがよく作りもしっかりしているので、標準的な機能性を考えればよいと思います。お風呂でいうと、クリナップの商品には全グレードに「(エコ)サンドイッチパネルで浴室まるごと保温」という浴室全体をすっぽりと包み込む保温材と高断熱浴槽が標準装備されているのでオススメです。

この4点をまとめてみますと、
・間取りはシンプルに。LDKなどは間仕切りやドアを無くしオープンなスタイルで計画する。
・収納は小さなものをいくつも設けるより、3帖~4帖の納戸を作ってその中で収納を工夫する。
・家の形は出来る限り総二階に近い形で計画をする。また、屋根形状は寄棟より切妻の方が安くなります。
・システムキッチンやバスを標準的なものにする。(快適に使う基本性能は満たされています。)
これらの事をしっかりと考えて計画すると、建築コストの面だけでなく家づくり(暮らし方)の本質も見えてくると思います。
シンプルな家って可変性(将来のライフスタイルの変化による対応)もあり、構造的なバランスが良く地震に強い家にもなりますよ。

次に「坪単価について。」

その前に、家づくりにかかる費用の内訳についてお話をします。

家を建てるために必要な費用は、
・本体工事費
・付帯工事費
・諸経費
この3つで構成されています。本体工事費で家の形は出来上がりますが、これだけでは住む(生活する)ことはできません。
【本体工事費】は設計されたプランと仕様によって出された建物本体の価格です。
【付帯工事費】は道路から敷地に水道の引き込みが必要だったり、地盤改良工事が必要な場合の費用です。土地が安かったから、という理由で購入された後にこのような工事費用が別途かかってしまい結局高くついてしまった、という例が多々ありますので注意が必要です。
【諸経費】諸費用とも言いますが、家を建てるための申請費用や工事管理費などが含まれます。
この3つを合わせて住むことができる家の総費用です。

つづいて坪単価のお話です。
皆様がよく目にする坪●●.●円という数字。ローコスト系の住宅メーカーさんの宣伝や広告で見る価格表示ですね。
実はこの坪単価というのはあくまでも目安にしかなりません。いや、むしろ目安にならないといった方がいいかもしれません。なぜなら、坪単価とは最終的に積算した総工事費用からはじき出した数字だからです。
※坪単価=総工事費用÷床面積。つまり、設計が整った状態、または完成した家からしか出せない価格です。上にも書きましたが、家というのはまったく同じ床面積でも家の形やデザイン、間取りの配置によって価格は変わってきます。
例えば40坪の家の中に、各部屋に収納付きの間取りで計画されるご家族と、納戸のような広い収納部屋を一部屋作ってみんなで共有するように計画されるご家族とでは当然建築価格は違ってくるわけで、間取り(部屋)密度の高い前者の方が金額が上がります。そしてこのことから、Aさんが建てた35坪の家よりも、Bさんが建てた32坪の家の方が建築価格が少し高かったということになる場合もあります。
あと、家の大きさによる坪単価の違いがあります。大きな家ほど坪単価は安くなって、小さな家ほど坪単価が上がるという現象。これは家づくりにかかる設備工事の比重が関係していて、大きな家でも小さな家でもキッチン、お風呂、洗面、トイレというのは必ず一つはありますね。家づくりの中でこれらの設備工事費用が他よりかかるため、小さな家ですとその比重が高まり坪単価が上がってしまいます。ただし、小さな家は坪単価は上がるけど、総工事費用は大きな家より安いですから、そこの所を見誤らないように注意してください。
(例
・延床面積30坪の家:30坪×坪単価60万円=1800万円
・延床面積40坪の家:40坪×坪単価50万円=2000万円
お分かりいただけると思いますが、家の大きさや設計プランが決まっていないのに坪単価の高い安いで、損得を考えることは全く意味のないことなのです。また、この坪単価という言葉が実にあいまいで、坪単価を延べ床面積で算出する住宅会社と、施工面積で算出する住宅会社があります。 ※一般的には延床面積で算出するのが普通です。施工面積で算出するやり方ですと、屋根の庇の下やバルコニーの下の面積、玄関ポーチなどあらゆる部分の面積を含めて計算するのですが、これだと坪単価が安くなるのは当然です。いや、安くなるのではなく、安く見えるだけです。広い面積で割れば坪単価は少なくなるわけですから。
そしてまた、坪●●.●円というのは総工事費用ではなく本体価格から算出してありますので、付帯工事費と諸経費が別途かかってきます。それなら「本体価格の坪単価だとどれくらい?」という事で考えると、企画型のプラン住宅なら目安にはなると思いますが、付帯工事や諸経費はどれくらいになるのか?、建てる場所の条件によって違ってきますし、またこういう場合は坪単価を安く見せるために本体価格を安く設定し、別途工事や諸経費で多く見積るというケースが見受けられます。よく耳にする、「なんだ、この広告の坪単価では家は建たないじゃないか。」というのはこれです。
上記のことをふまえて、家づくりでは「坪いくら。」という考えはとりあえず頭からはずして、まずはお住まいにかけられる総予算をしっかりと決めてから計画をはじめてください。

色々と建築費用について書きましたが、自由設計の家というのは価格が高くなるから・・・。という心配をされるお客様もいることと思います。しかし、けしてそんな事はなく、ご予算と調整しながら希望の家に近づけるという良さが自由設計の家にはあります。当社で家を建てて頂いたお客様ご家族も、打ち合わせを重ねながら限られたご予算の中でこだわりのマイホームを実現されました。
家を建てるという事は金額が大きいので迷う事もありますが、思い出に残る楽しい事もいっぱいです。私たちはそんなお客様の家づくりのお手伝いが出来ることを幸せに思っています。

【久建工業の家づくりの良さはお客様のご予算に合わせた組み合わせができるところです。】
最後に、当社が建てさせて頂いた新築住宅の総工事費用を紹介しますと、一般的な30坪~40坪の家で1000万円台、2000万円台と多くの建築実績があります。コンパクトな家ですと1600万円位から、二人暮らしにちょうどよい大きさの家で1000万円前半での建築実績もあります。
久建工業では、家づくりを全体的に見た総予算でお話をさせていただきますので安心してご相談ください。合理的な間取り計画、優先順位を見極め、本当に必要なものは何かをきちんと考える事で建築費用を抑えたよい家は必ず実現できます。
私たち家づくり専門の工務店は、良い材料(木)を使ってしっかりと建てるのは当たり前。その中でアイデアや住まい方の工夫をお客様と一緒に考え、お値打ちにできる家づくりをご提案いたします。
そして、価格以上の満足を得られる住まいをお造りいたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。


「こんな家に住みたい。」というご家族の想い、ご予算のこと、なんでもご相談ください。



また、当社ではお客様が作業に参加して家づくりを行うことも可能です。
例えば、木部に自然塗料を塗る、壁に珪藻土や漆喰を塗ってみることでローコストで夢のマイホームが実現できますよ。
「ご家族が参加してローコストで家を建てる。またはリフォームする。」
当社はそんなお客様も大歓迎です。


お客様ご家族の家づくりを応援いたします。

漆喰塗り