土間玄関のある古民家スタイルの家(岐阜県関市N様邸・平屋建て)

自然に囲まれた里山でスローな暮らしを愉しむレトロな和の家
岐阜県関市N様邸・注文住宅
木造平屋建て 延床面積:34坪+縁側3.5坪

梁丸太を架けた吹き抜け空間の居間、土間玄関などご夫婦の想いをカタチに。
また、古建具やレトロ照明を取り入れて懐かしい日本家屋の雰囲気を実現しました。
古民家スタイルで建てるN様ご家族のお住まいです。
(家族構成:ご夫婦と小さなお子さんの3人家族)

古民家風の家(平屋建ての外観)
景色と調和した大らかで懐かしい民家のような外観。
ゆっくり日向ぼっこができる広い縁側(外縁)も魅力です。


自然素材の息吹を肌で感じる、心地よいやすらぎの空間になりました。

古民家風の家・居間

N様邸は構造材にぎふ性能表示材を使用した「ぎふの木の家」に認定されています。
「ぎふの木の家」認定証

外観は腰板壁、付け梁・付け柱、木格子を付けて古民家の雰囲気を出しています。


木の温もりに溢れる広々とした室内は、心地よさと暮らしの愉しみが両立しています。

吹き抜け勾配天井の開放的な玄関ホール
梁の見える土間玄関

三和土(たたき)調の土間玄関
沓脱石と小上がりも懐かしい暮らしを愉しむこだわりです。
土間玄関の沓脱石と小上がり

廊下も家族と部屋をつなぐ大切な空間。
廊下

格子からもれるやわらかい光が、落ち着いた雰囲気を作り出しています。
トイレと手洗い

織部の手洗い鉢とカウンター
水栓はアンティークな色に変わっていく真鍮水栓です。
手洗い鉢(カウンター)

古き良き時代の古建具
古建具

ガラス障子(模様硝子)
模様ガラスの古建具

アンティークな電笠照明
電笠照明

ダイニングキッチン
梁見せ天井のダイニングとキッチン
杉のフローリングで木の香りが部屋いっぱいに広がります。

対面キッチン

奥様のご希望で部屋の一部にwalpa(ワルパ)の壁紙を使いました。
ワルパの壁紙
和の空間の中に少しだけエキゾチックな雰囲気を取り入れています。
(より雰囲気が出るように無地の壁紙と組み合わせて貼ってあります。)


子供部屋
無垢フローリングの子供室
梁の間に杉板を張り昔の踏み天井のように見せています。


6帖の納戸
納戸兼趣味の部屋
クロスはコンクリート打ちっぱなし柄です。
物置として、半分はご主人様の趣味の部屋として使われます。


和室
四畳半の和室

丸太梁の見える居間
吹き抜け斜め天井の居間
家族が集まる囲炉裏のある居間は、どっしりとした梁丸太が見える吹き抜け空間に。
豊かでここちよい時間が流れています。


玄関ホールの3本戸を開け放すと、とても開放的な住空間が広がっています。
古民家風の家(居間)
木のぬくもりに包まれて暮らすレトロな和の家
2014年1月 N様ご家族の夢の住まいが実現しました。

【 建 物 仕 様 】
・構造材 - 岐阜県産木材(ぎふ性能表示材)
・内部天井 - 梁現し+杉板天井
・床 - 杉フローリング
・壁 - 漆喰塗り
・塗料 - オスモカラー、柿渋
・古建具、障子
・たたきの土間玄関
・レトロな電笠照明・和紙照明
・織部の手洗い鉢+アンティーク水栓
など、こだわりいっぱいの木の家です。


住み始めてから10ヶ月目のN様邸の様子。
少しづつ生活感の出てきた和の家の雰囲気をご覧ください。

冬の囲炉裏を楽しむ。
2016年12月17日 お住まい見学の日。


家づくりの思い出アルバム
こちらは古民家スタイルの家が出来上がっていく様子を紹介しています。

2013年秋 上棟の様子です。
上棟(建て方)の様子
N様邸は「ぎふ性能表示材」を使用した、ぎふの木で家づくり支援事業申請住宅です。
家の中は岐阜県産材の柱や丸太の梁が見える設計で棟上げを行いました。
建て方の完了

みんなが思いを込めて家を作り上げていきます。

今回、お施主様であるご主人さんが木部塗装と漆喰塗りで家づくりに参加しました。
なかなか大変な作業ですが、ご自身の手で仕上げることによってより愛着がわきますね。
そしてなにより、一生の思い出になります。

現しの柱や梁にはオスモカラー(エボニー)を塗り、天井に使用する杉板には柿渋を塗っています。


黒塗りの梁に杉の天井板が映え、心地よい木の空間になっていきます。


外観は腰板壁、付け柱、木格子を付けて古民家風に仕上げていきます。
(屋根は風格のある和形の銀いぶし瓦一文字葺きです。)
建築中の古民家風の家(外観)

2013年暮れ。家の中も外も工事は大詰めです。


そして、年末から年明けにかけて漆喰を塗っているご主人さん。完成に向けて休日返上で頑張っています。
日本プラスターの漆喰うま~くヌレール(白と若草色)を使用。調合済み(開封してすぐにそのまま塗れます。)で一般の方でも塗りやすいように作られているのが特長です。


2014年1月 お施主様施工(DIY)の漆喰工事が完了です。
黒い柱と白漆喰の空間(部屋)
【みんなの力が合わさって理想を叶えた家。】
2013年の秋から数ヶ月間、木部の塗装から始まり壁の漆喰塗りまでご主人さんは本当によくやられたと思います。久建のスタッフやN様のお友達もお手伝いをしましたが、お仕事の帰りや休日に熱心に現場に来られて最後までやり遂げられました。また、ご自身で心を込めて塗った木がこうして大工さんの手によってカタチになるというのは素晴らしいですね。この家は私たち作り手とN様ご家族が一緒になって実現出来たと思います。現場での作業は大変だった面もあったと思いますが、どんなふうになるのかとワクワクしながら楽しい家づくりになったのではないでしょうか。そしてこの思いのこもった空間に古建具が入った瞬間、ご夫婦の本当に嬉しそうな顔がとても印象的でした。

古民家風の家