木造軸組(在来)工法について

人に安らぎを与える木の効果と木造軸組(在来)工法について。

岐阜で木造建築を手がける工務店「久建工業」です。

まずはこんな話から。

【日本の伝統建築である在来工法の家】
在来工法とは土台、柱、梁、桁、筋交いなどで建物構造をつくる工法で軸組工法とも言います。日本の気候風土に最も適し、今日まで受け継がれてきた軸組在来工法の木造建築は家づくりの原点です。昔から日本には豊富な木材が身近にあり、それを適材適所に用いて建てられてきました。古民家と呼ばれる日本建築の家が数多く残っていることでも木造在来建築の良さが証明されています。
そしてこの伝統建築である木の家は、室内環境を整え人に優しい快適な住まいが実現できると考えています。

天然木(無垢材)、木造軸組建築の優れた点は。
・平面間取り設計の自由度が高く維持管理、将来の増改築に有利。
・木には調湿作用があるため、部屋の湿度を適度に保ち結露の抑制効果があります。
・木の精油成分には、抗菌作用や家ダニの抑制効果があると言われています。
・新建材(工業建材)と違い、肌触りや心地よさはもちろん、香りの癒し効果など利点がいっぱい。
(木は細菌等を寄せつけにくいという事で、室内に無垢材を使用する病院も増えているそうです。)

家づくりは安心して住まうことはもちろん、居心地がよく健康的な毎日を送ることも大切ですね。
大げさな言い方かもしれませんが、木をふんだんに使った家で自然を感じて暮らすことは十分できると思います。

 


良質な木材でしっかりと造られた家は丈夫でいつまでも長持ちします。

「久建工業が建てる家はすべて無垢の構造材を使用します。」
構造材は幅4寸(12cm)ベースの乾燥無垢材を使用し、土台と柱は国産桧(ヒノキ)の4寸角を基本仕様としています。
※建築基準法は柱3寸5分角(10.5cm角)

住まいは骨太で頑丈に造ります。
安心して長く住み継がれる家は、日本の気候に適した木材を使うと共に、間取りに合わせて太い柱や梁を使った骨組みが基本です。構造金物でしっかり部材接合された軸組工法と、バランス良く耐震壁を設けた構造設計で粘り強く地震に強い家をお造りします。

※当社では材木の強度を接着剤で構成している集成構造材は使用いたしません。

岐阜の木で家を建てる(上棟の写真)

木の家づくりには適材適所という言葉があります。建物の要となる土台や柱、屋根を支えるタルキなど、特に耐久性が重要視される部分にはヒノキを使用しております。


一目でわかるどっしりとした建物の構造。

人の身体と同じように、骨格のがっちりとした家は安心感がありますね。
ヒョロヒョロと細くては頼りなく心もとありません。
家というのは大切な家族を守る場所でもあるわけですから、柱や梁の力強さが生み出す安心感というのは絶対に必要だと思っています。
(地震の強さは耐力壁だ。と言う人もいますが、それは設計の段階で考えることです。)

久建工業の家づくりは、こうした部分でも多くの方からご支持をいただいていると思っています。


「日本の家は軸組工法に熟練している地元の工務店がつくる。」
久建工業は長年培ってきた建築技術で安全、安心な住まいを造り続けていきたいと考えています。


また、当社では「ぎふ性能表示材」を使用した、ぎふの木で家づくり支援事業申請住宅にも対応しております。
こちらの制度をすると岐阜県から「ぎふの木の家」として認定され、補助金が交付されます。

ぎふの木の家認定証(岐阜県関市のN様邸)