住宅建築の流れ(家が出来るまでの工程)

家づくりのはじまり。
家づくりのスタートはご相談を頂いてから、お客様のご要望に沿ってプランの作成と設計(間取り、外観、デザイン、仕様)を行い、お見積り(建築工事費の積算)と予算調整を経て、ご契約~建築確認申請及び住宅保証(住宅瑕疵担保責任保険)の申し込み手続きなどを行います。

住宅設計図面(外観)

住宅設計図面(間取り・平面図)
地鎮祭。
そして家を建てる許可がおりると、建築吉日にご家族揃って地鎮祭を執り行います。
地鎮祭の写真
いよいよ建築工事の始まりです。
お客様ご家族の大切な住まいは、様々な業者さん、大工さんをはじめ職人さんが腕(技術力)を発揮し、そして私たち久建工業のスタッフがチームワークでつくり上げていきます。

※建築工事中は住宅保証会社による第三者検査(基礎と建物構造)を実施します。

①まずは地盤調査を行い家が建つ位置の強度を調べ、必要に応じて地盤の補強(改良工事)を行います。 良好な地盤であれば改良工事の必要はありませんが、支持層(硬い層)が下の方にある場合は改良工事が必要です。建物がいくら頑丈でもそれを支える地盤が軟弱では心もとありません。ここはしっかりと行います。
また、改良工事の工法は土地の地質状況によって柱状改良又はDM(ダブルメタル)工法が選択されます。

②基礎工事です。
基礎工法は耐圧盤を持つ鉄筋コンクリートベタ基礎を基本仕様としています。掘り方を行った後、砕石を転圧ししっかりと地固めを行います。そして墨出しのための捨てコンや防湿シートを施工し鉄筋を組み上げていきます。
※基礎全体の鉄筋が組み上がった時点で、住宅保証会社(住宅瑕疵担保責任保険)による鉄筋検査を受けます。よっ て、この検査に合格(適合)することで基礎コンクリート工事に進むことができます。

ベース(耐圧盤)コンクリートを打設し養生期間を置いた後、基礎立上りの型枠パネルを組みます。そしてアンカーボルトを専用の固定金具で型枠パネルにセット。立上りコンクリートの打設後はレベリングを行い基礎工事が完了です。
③ご家族のみなさんが楽しみにしていた建て方・上棟
建築吉日を選び、朝から大工さん、鳶さんのチームワークで建物を組み上げていきます。
また、久建工業は「ぎふ性能表示材」を使用した、ぎふの木で家づくり支援事業申請住宅にも対応しております。
こちらの制度を利用し申請すると、岐阜県から「ぎふの木の家」として認定され、お客様に補助金が交付されます。
ぎふの木の家認定証
④いつまでも安心してお住まいいただくための耐震施工。
建て方(上棟)の時に用いる金物以外にも、桁梁用ホールダウンや筋交い金物等を取付けていきます。
各部材に取付ける金物は、地震の時に柱や桁・梁が抜けないようにするための重要な接合金物です。
構造ボルトや接合金物を取付け、筋交いと構造用面材で建物の耐震性を高めます。なお当社では床組は28㎜の厚い構造用合板を使用した剛床工法、壁は筋交いと構造用耐力面材で耐震化を図ります。(耐震性はもちろん、気密化を図る意味でも有利な工法です。)
※耐震壁を筋交いと耐力面材の併用で行う理由は、それぞれの良さ(強さ)を活かせば、より強い建物になるという考え からです。また、耐力面材を張る事で躯体の動きを抑え、外壁防水の保持力を高める意味でも重要だと考えています。

⑤防水・気密施工
防水気密テープ、透湿防水シートで防水施工を万全に行います。
※ここまで工事が進むと、基礎の鉄筋検査の時と同じく、住宅保証会社の検査員の方が躯体検査を行います。構造材や筋交いが設計図通りに施工されているか、または構造ボルトや接合金物が適切に付いているかをチェックされます。そして防水施工の検査を含めこの検査に合格(適合)する事によって、完成に向けての家づくりを進めることができます。

⑥断熱施工(羊毛断熱材)
久建工業の断熱施工は羊毛断熱材を基本仕様としています。
当社の家づくりでご提案している羊毛断熱材ウールブレスは、様々な住環境に適応した高い断熱性能と調湿性能、そして保温力を併せ持つ優れた断熱材です。
この羊毛断熱材は性能の良さと共に壁内結露を抑制し建物の耐久性を高めるという意味で当社の家づくりに取り入れています。また、施工性に優れているのも羊毛断熱材の魅力です。防湿フィルムで覆われていないウールブレスはサイズカットが容易なため、細かい部分まで隙間なくきっちりと充填することが可能で、冬のヒートロス(熱を失うこと)を最小限に抑えることが出来ます。もちろん、このことは”夏涼しい家をつくる”という面でも大切だといえます。

※当社の採用している羊毛断熱材のグレードはベーパーバリア(防湿フィルム)無しで防露認定が取得されています。

⑦造作工事(大工工事)~内装、外装の仕上げ工事
大工さんが天井、床(フローリング)、壁を張り、内装職人さんが木部塗装や塗り壁又はクロスで空間を仕上げていきます。 無垢の木には自然塗料、壁は塗り壁仕上げや自然素材クロス(珪藻土クロスや漆喰クロス)を用いると素材感のある居心地の良い空間になりますよ。


外壁(外装)の工事です。
こちらも木質感を出したり、好きなデザインやカラーで自分好みの外観に仕上げていきます。
⑧最後に照明やシステムキッチンを取付け、最終点検及びハウスクリーニングを行います。
ご家族の想いがカタチになった瞬間です。

そして、ぎふ建築住宅センターによる完了検査と住宅保証(住宅瑕疵担保責任保険)の最終手続きを経てお引渡しです。

この家でご家族が思い出をつくり、幸せを育んで頂くことを願って完成となります。

岐阜で家づくりのことは、久建工業までお気軽にご相談ください。